商売の繁盛・繁栄のお手伝い【置き看板ドットコム(置き看板.com)】

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

ジロー

置き看板はお店にとって機動力のある看板です。 皆様のビジネスに良い提案ができればと思っています。ネットショップ以外に当社ホームページでも良い情報を紹介していきたいと思っています。 皆様に役立つページが目標です。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

東洋インキ社製:ダイナカル

ダイナカルは、 多品種小ロットへの対応(レギュラー・特注色)や、安定した品質を保証して市場に提供しています。 特に、基本となる顔料は自動車、建材塗料として長年の実績を積んだ高級顔料を使用しています。

国内インクメーカーの東洋インキが販売していますので安心の材料です。

ダイナカル
DCシリーズ(185色)

<製品サイズ>
1000mm×10m巻
20m巻、30m巻の材料があります。

<特徴>
豊富なカラーバリエーションと優れた耐久性をマッチングさせ、様々な表示物の形成を可能にするシート。

<屋外耐候性>
5〜7年
(クリアとメタリックは3年)

ダイナカルサイン
DSシリーズ(106色)

<製品サイズ>
1000mm×10m巻
20m巻の材料があります。

<特徴>
電飾看板に対応し、透過時にも鮮やかな発色を持つ透明タイプ、昼夜差を抑えた半透明タイプをラインナップ。

<屋外耐候性>
5〜7年

ハイカットダイナカルシートHDTシリーズ

<製品サイズ>
1000mm×10m巻
白黒のみ500mm幅×10m巻あり。

<特徴>
カッティングマシーンの対応性に優れ、中〜長期耐久性を具備させたシート。

<屋外耐候性>
3〜5年

ダイナカルシート
DTシリーズ(2色)

<製品サイズ>
1000mm×10m巻1250mm×10m巻
(DT-1003GY-2)

<特徴>
コストパフォーマンスに優れ、中〜長期耐久性を具備させたシート。

<屋外耐候性>
3〜5年

ダイナカル ルミノ
DLシリーズ(6色)

<製品サイズ>
1000mm×10m巻

<特徴>
屋外での使用も可能な高視認性蛍光シート。昼夜でのアピール性は抜群。

<屋外耐候性>
1〜2年

ダイナカル エコサイン
DCE/DSEシリーズ

<製品サイズ>
1000mm×10m巻DCE
1000mm×10m巻DSE

<特徴>
環境耐候性、屋外耐候性に優れたマーキングフィルムです。

<屋外耐候性>
8〜10年

ダイナカルクリンピール
DCPシリーズ

<製品サイズ>
1050mm×10m巻 DCP108(目隠し)
100mm×10m巻 DCP081(目隠し補助テープ)
1050mm×10m巻 DCP1118(一般再剥離)
1000mm×10m巻DSE

<特徴>
環境耐候性、屋外耐候性に優れたマーキングフィルムです。

<屋外耐候性>
8〜10年

※製品の仕様を予告なく変更する場合があります。
※掲載製品を予告なく非在庫品扱いとさせて頂く場合があります。

使用シーン例

建築現場
仮囲い/工事案内板/防音ハウス壁面

石油業界
SS全般/キャノピー/計量器/警告ステッカー/タンクローリー/配送車

銀行・金融業界
店舗看板/袖看板/屋上看板/ドアサイン/ATMサイン

運輸・鉄道業界
電車ライン/駅構内表示/トラック/バスラッピング/配送車:フリート

食品サービス業
配送車/営業車/営業所看板/案内看板

モータースポーツ業界
競技車両カラーリング

車のボディーにオリジナルシール、
ショーウインドウなどにお店のロゴ
お店の看板に彩りよく装飾
その他、いろいろな素材に貼って楽しみましょう。

ダイナカルの特徴

ダイナカル 豊富なカラーバリエーションと優れた耐久性をマッチングさせ様々な表示物の形成を可能にするシートです。
屋外耐候性
5〜7年
フィルム材質 塩化ビニール

厚さ

フィルム+粘着材、80μm
フィルム伸度
160%

フィルム破断強度

11.3N/10mm
寸法安定性
0.1mm
粘 着 力

初期(16.7N/25mm)

経時(19.6N/25mm)

耐湿熱性 OK
耐水性 OK
耐化学薬品性 OK
※上記数値は、実測値であり保証値ではありません。また、色相等により若干のばらつきがあります。
 耐候性について:耐候性については、フィルム基材における変褪色を意味する物であり、再剥離性をあらわすものではありません。

ダイナカルのご使用にあたって

  1. 継ぎについて
    1. 1 製造ロットにより微妙に色調・隠蔽性等が異なる場合がありますので、 フィルムを継ぎ合わせる場合は同一ロットをご使用下さい。
      2 メタリック色あるいはマットタイプのフィルムの継ぎは、 フィルムの流れ方向を合わせてご使用下さい。
      3 突合せ貼りの場合は、形状や施工方法によっては隙間ができる場合がありますので、重ね貼りをお薦めします。 ただし、隠蔽性の低いフィルムでは、重ねたフィルムの色調が異なる場合がありますので、施工前にご確認下さい。
  2. 被着体について
    1. 被着体の汚れを落としてから施工して下さい。
    2. 次の被着体にご使用頂く際は事前に十分ご確認下さい。 被着体面に凹凸がある素材。および被着体に色が付いている素材。
      1. ポリカーボネート・アクリル等のアウトガスを発生する素材。
      2. 軟質塩化ビニル(ターポリン、テント地 他)など遊難成分が含まれる素材。
      3. 接着力が低くなる素材。(ポリエチレン・ポリプロピレン・シリコン塗装物・フッ素塗装物など)
      4. 表面が粗く付きにくい素材。(布地・発泡体・スレート・ベニア板・コンクリート・モルタル・ヘアライン加工金属板など)
    3. ステンレス板に貼りつけて屋外使用する場合、条件によっては粘着剤の劣化・フィルムの劣化・ 耐候性の低下が起こることがありますので、あらかじめご相談下さい。(詳細は東洋インキまでお問合せ下さい。)
    4. フレキシブルフェイス(FF)の表面処理種によっては、FFからの可塑剤等の遊離成分移行が完全に遮断されないことがあり、 ダイナカルを劣化させる場合がありますので当社シート(DYF)をご使用下さい。(詳細は東洋インキまでお問合せ下さい。)
    5. コルゲートに貼る場合は、アプリケーションを使用して施工して下さい。 フィルムを強引に伸ばす押し込み施工は避けて下さい。
    6. 直射日光があたる窓ガラスへの施工の際には、熱割れが発生する場合がありますので、十分ご注意下さい。 (特に網入ガラス、傷の入ったガラスなど)
    7. 被着体に継ぎがある場合は、パーツごとに施工するか、施工後にカッターナイフ等で継ぎ部に切り目をいれてください。 切り目を入れられない場合は、被着体が動かないような処置を施してください。
  3. 貼り付け作業について
    1. 貼り付け作業の適温は10℃〜30℃とご理解して下さい。
      1. 10℃以下の場合は、ドライヤーなどで被着体と粘着層を適温に温めてから貼付し十分に圧着して下さい。
      2. 30℃以上の場合は、朝夕の気温の低い時間、または日陰での作業をお薦めします。
    2. 水貼りについては十分ご注意下さい。 水が残った場合は浮き、剥がれの原因となります。
      1. 低温時や洗剤濃度が高い場合には、十分な接着が得られないことがあります。
  4. フィルムの保管について
    1. 納入後はお早めにご使用下さい。
    2. フィルムは巻芯に巻いた状態で宙づりにて保管して下さい。
    3. 高温多湿の場所、直射日光を避け、風通しの良い場所にて保管して下さい。(保管は30℃以下が適温)
    4. 保管状況によっては、セパレーター背面の形状がフィルム表面に転写し、フィルム表面のツヤが消え、 ツヤむらが発生する場合がありますのでご注意下さい。(ただし、程度によりますが、 ほとんどの場合は屋外太陽光熱やドライヤー等の熱により消えます。)
  5. その他
    1. DC0800,DC0805Mはオーバーラミしないで下さい。
    2. ダイナカルの廃棄については、各自治体の条例に従って適切に処理して下さい。
    3. メタリック系(DC0301,DC0307,DC0502,DC0527,DC0529)、クリア(DC0800,DC0805M)の耐候性は3年です。
    4. 水平面での使用は耐候性に劣る場合があります。
    5. 高水圧洗車を使用する場合は、水圧により端部から剥がれが生じる恐れがありますのでご注意下さい。
    6. カッティングの際には、カット圧を適正に調整して下さい。またカット後は速やかにカス取り作業を行って下さい。
    7. 〈目隠しシート〉DCP108は微粘着再剥離シートですので、必ず補助テープによるエッジ固定をして下さい。 DCP108単体で使用されますと剥離する場合があります。また、電飾看板にご使用される際には、 下地を透過させる場合がありますので、事前に隠蔽性等をご確認下さい。
    8. 〈再剥離シート〉DCP111Bは強粘再剥離タイプですので、大判での剥離の際には相応の剥離荷重が掛かります。 また、被着体や環境によっては、剥離の際に粘着剤が残る可能性がありますので、アルコール等で拭き取るようにして下さい。
    9. 〈DT1003GY-2〉シルク印刷にご使用する印刷インキについては、事前に適合性をご確認の上ご使用下さい。
    10. 〈ダイナカルエコサイン〉ダイナカルエコサインは、アクリル樹脂系フィルムですので、塩化ビニル製FFシートとは適合しておりません。 (詳細は当社営業までお問合せ下さい。)
    11. 万が一製品不具合が発生した場合、ご使用品の品名、ロットナンバー及びご施工日をご提示下さい。 ご提示がない場合は、調査に著しく時間を要しさらに正確な検証が出来ないことがございますので、 物件ご施工時には記録保存をお願い致します。
    12. 本製品は、改良のため製品仕様を予告なく変更することがあります。

ピックアップ商品